ブログ

ブログ:すべて

上野塾総合ブログ

最高のクラスだよ!

素直に私の差し出す手にしがみつき、言われたことを忠実に守る中2生。最高だ。授業をしていても本当に気持ちいい。素直である者は必ず伸びる。間違いない。この可愛い中2生をピカピカにしてやりたいと心から思う。結果は必ず付いてくる […]

続きを見る

教師紹介 小林先生!

進学予備校SGK芥見校の理科を担当する小林先生。今年の夏は彼が中3受験生に熱~い、授業メッセージを贈るよ。昨年の冬も現高1生に理科の授業を担当してくれた。生徒の授業満足度は非常に高い。なんといっても若さ、授業スマイルが最 […]

続きを見る

この時期の中1生

昨日の新聞にベネッセが行った生活実態調査が掲載されていた。目に留められた方も多いと思うが小学6年生から中1の生徒調査に「う~ん」と唸る箇所があった。前回の調査でほとんど勉強しない子どもが8.5%であったのに対して今回の調 […]

続きを見る

今日も感動を貰いました

小学生の誠ちゃんがもう一度算数の宿題をやりたいとのことで、お母さんが直筆問題プリントを作成し誠ちゃんが再度宿題をやってきました。この宿題は教室で一度終わっているものですが努力の結果があるからもう一度・・・と言う子どもの懇 […]

続きを見る

上野の連休レポート

4月30日は上野塾開校記念親子バーベキュー大会でした。中2生は英語補習をまず行い、全員が努力の結果合格を果たしてから参加という子どもにとっては気の毒な私からの投げかけも今日は全員1発合格。(やればできるや~~!)こういっ […]

続きを見る

上野の連休レポート

今日から塾は連休に入ったが、この時期だからできるのが教師研修。私は上野のクローンを創ろうとは思っていない。しかし子どもを想う気持ちは私と同等であってほしい。今日は5月デビューの新人教師の最終授業研修。私の求める教師像は、 […]

続きを見る

地球子ども会議2005 実行委員会から結果届く!

昨日、「地球子ども会議2005」の実行委員会から作文選考の返答が届きました。 作文応募者総数435名から25名の選考(17.4倍の高倍率)となり、結果としてはスピーチコンテストまで行ける生徒はいませんでしたが、中1KF君 […]

続きを見る

塾通信(5月・6月号) 全体連絡抜粋 上野塾版

大切なお子様を当塾に通わせて頂き、心から感謝申し上げます。4月1日に26名で開校した当塾も新たに4名の新入塾生を迎え、在塾生30名で5月を迎えることができました。すべての塾生さん、保護者様に満足してもらうことに全力を注ぎ […]

続きを見る

愛弟子よ!甘えるな!

私も新年度を迎えて愛弟子への本気の付き合いが始まった。どの授業も今日で二回りとなり、塾の学習サイクルもほぼ愛弟子達に浸透する。そんな中先週の上野塾中2クラスでは大爆弾が落ちた。「こんなもんでいいか」という曖昧な取り組みが […]

続きを見る

大海に向けて船出

小さな細い川からいよいよ大海に向けて上野塾が動き始めた。穏やかな航海もあれば荒れ狂う暗闇の航海もやってくることだろう。しかし何があっても引き返さない決意と強い覚悟で次の目的地まで私の船に乗っている愛弟子達を導いていく。 […]

続きを見る

今年度終了!

今思えば、あっと言う間に過ぎ去った2004年度であった。この1年、全塾生と真正面の付き合いができたという満足感に満ち溢れている。特に今年2005年入っては私も塾生も本当に一生懸命走ったと思う。受験生は全員志望校合格という […]

続きを見る

いよいよ上野塾開校 (4月全体連絡抜粋文書)

大切なお子様を当塾へ入塾させて頂き、心から感謝申し上げます。4月より26名のやる気のある塾生と一緒に船出を迎えることができました。小学生は伊自良南小、伊自良北小、梅原小、中学生は伊自良中、高富中、岐北中、本巣中在籍の塾生 […]

続きを見る

15歳にあなた達が培った経験は、自分の一生の宝物

上野の愛弟子たち、全員が志望校合格を手にした。本当によくやった。心から『おめでとう!』と言ってやりたい。何度でも言ってやりたい『本当におめでとう!』・・・先生も大きな大きな責任が果たせた。 中学3年の1年間は本当に苦しか […]

続きを見る

地球子ども会議2005 スピーチコンテストに挑戦!

今年は愛・地球博が隣の愛知県で開催される。私が子どもの時には大阪で万博が開催されたが、もの凄い混雑のなか2度も足を運んだ記憶がある。あの混雑と岡本太郎氏の「太陽の塔」だけが今の私の記憶にある。各国のパビリオンを見るのも良 […]

続きを見る

5年前の教え子のお母さんからの電話

私の名古屋時代の教え子、Y君からのお母さんから今日、電話をいただいた。当時のY君はまだ小学生の可愛い子供であったがもう、今年春には高校3年生になると言う。時間の流れを痛感した。 子供が英語が分からなくなってきていると相談 […]

続きを見る

Back to PageTop