Pocket

~国語の取り組み、集中力~

国語の内容の大きな枠は、①漢字②文法③読解である。
そして国語のテストの中心は③の読解である。
これを乗り越えない限りは満足いく結果は得られない。
読解問題は他教科と違い、前知識はそれほど必要としない。
もちろん問題を効率よくとくテクニックなどは存在するが。
問題を解くカギは全て本文の中に隠されている。
だからこそ、読解問題に取り組む前には必ずどの学年でも話すことがある。
読解問題は集中力!いかに本文を集中して読むことができるかが最大のポイントだ。
姿勢を正す、背筋を伸ばす、目だけでなく脳を常に働かせる。
話に入り込んでいくイメージで読むこと。
これは小学生だろうと中3生であろうと変わらない。

小学6年生は中学0年生。来年迎える中学1年生に向けた準備の立ち位置。
2学期に入り、よりそれを意識しなければならない。
自然と本文を集中して読むことができることを身につけることが国語の最低ライン。
そのため2学期からは上記のような内容を6年生に伝えた。
そして、全員が鉛筆(シャープペンシル)を手に取り、自分の読んでいるところを線を引きながら読んでいくことを指示した。
これを初めて2週間がたち、今週はあえて何も言わずに本文を読ませたところ、全員が自然と線を引きながら読みだした。
本当に素晴らしい姿勢でしたね!
おそらく面倒なことだと思うが、それを嫌がらず前向きに取り組んでくれたこと、先生は本当に嬉しかったです。
そして、そのような読み方をしていると読むスピードに差が生じてくる。
読むスピードが遅い子へ
全く焦る必要はありません。速くてもいい加減な読み方をしているよりはよっぽどいいことです。
遅くとも丁寧に一生懸命読むことの積み重ねが、読むスピードを速くしてくれます。
まるでよちよち歩きをしていた赤ちゃんがいずれ立ち上がり、歳を取るたびに歩を早めていくように。

みんなの懸命な姿を全力で応援していきます。
小学生国語、大切な力の獲得のため頑張れ!!

Pocket

───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───
岐阜で小学生・中学生の学習習慣づくり・定期テスト対策・進学塾・受験対策は【 上野塾 】
無料体験実施中
【ホームページ】http://www.uenojuku.jp

■塾運営本部/西郷校
〒501-1177 岐阜県岐阜市中西郷3丁目79 
→地図はこちら
電話:058-234-5856

■本校 
〒501-2122 岐阜県山県市藤倉422番地
→地図はこちら
電話:0581-36-3533
───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───