コース案内・料金

コース案内・料金

教室情報

教室情報

計算と漢字の学習を通じて地域の子どもさんを支援します!

  • 小学3年・4年
  • 計算・漢字(各50分×週1回)
  • 授業料が無料!

小学生講座一覧

指導形態 対象学年 講座名 講座内容 1講座の時間
地域支援 小3
小4
計算
漢字
英語
  • 計算力と漢字力をつける
  • 家庭学習の習慣化
  • 身近な英単語を書けるようにする
計算 40分
漢字 30分
英語 30分
×週1回
小3~6 e-トレ
  • 生徒個々の弱点に絞ったピンポイント対応の単元トレーニング演習
    (地域支援生も受講できます)
50分/週1回

e-トレとは

生徒ひとりひとりの理解度に合わせて効果的に学力をつける演習システム

上野塾では、授業を受けたお子さんひとりひとりの理解度を講師がしっかりと把握し、目的やレベルに合わせ効果的に学力定着を目指す演習システム「e-トレ」を導入しています。基礎を徹底的に繰り返すことが必要なお子さんや、応用力を強化したいお子さんなど理解度とニーズは様々。e-トレは、言わば「個々を見る演習」。個人の理解度や弱点を分析するシステムであると同時に、10~15分でできるボリュームの演習を繰り返すことで集中力を養います。また、解いた演習の数だけ達成感があり、理解力アップとともに学習への自信と意欲向上につながっていきます。

授業料一覧

ご兄弟・ご姉妹の入塾、母子家庭の場合 入塾金全額免除

兄弟姉妹同時在籍の場合 毎月の授業料半額 本科在籍下級学年のお子さん

入塾金価格は全て税込

入塾金(地域支援) 0円

授業料(月額)価格は全て税込

地域支援 1,080円
e-トレ 0円

※e-トレのみの受講はできません

システム維持費(月額)価格は全て税込

表示は月額。学期の始め(4月・9月・1月)に学期分を納めていただきます。

地域支援(一律) 1,080円
e-トレシステム料 2,160円

※e-トレのみの受講はできません

年間教材費価格は全て税込

年額です。年度の途中に入塾した場合も同額が発生致します。

計算テキスト 2,700円
漢字テキスト 2,700円
英語テキスト 2,700円

※塾模試は小6より実施

※塾模試は1回分のテスト分析費用です。年3回実施します

PAGE TOP

メールでのお問い合わせはこちら

基礎学力アップ!上野塾の小学生コース

  • 小学5年・6年
  • 国語・算数・英語(各50分×週1回)
  • 1科目から受講可能

小学生講座一覧

指導形態 対象学年 講座名 講座内容 1講座の時間
クラス指導 小5
小6
英語
  • 中学英語の先取り学習
  • 小学英語履修完了時は英検5級合格目標
50分/週1回
算数
  • 学校授業より少し先を進む講座
  • 100マス計算等、授業前テスト実施
国語
  • 学校授業より少し先を進む講座
  • 毎回漢字強化テスト実施
小3~6 e-トレ
  • 生徒個々の弱点に絞ったピンポイント対応の単元トレーニング演習
    (地域支援生も受講できます)

e-トレとは

生徒ひとりひとりの理解度に合わせて効果的に学力をつける演習システム

上野塾では、授業を受けたお子さんひとりひとりの理解度を講師がしっかりと把握し、目的やレベルに合わせ効果的に学力定着を目指す演習システム「e-トレ」を導入しています。基礎を徹底的に繰り返すことが必要なお子さんや、応用力を強化したいお子さんなど理解度とニーズは様々。e-トレは、言わば「個々を見る演習」。個人の理解度や弱点を分析するシステムであると同時に、10~15分でできるボリュームの演習を繰り返すことで集中力を養います。また、解いた演習の数だけ達成感があり、理解力アップとともに学習への自信と意欲向上につながっていきます。

授業料一覧

ご兄弟・ご姉妹の入塾、母子家庭の場合 入塾金全額免除

兄弟姉妹同時在籍の場合 毎月の授業料半額 本科在籍下級学年のお子さん

入塾金価格は全て税込

入塾金 10,800円

授業料(月額)価格は全て税込

本科1科目 8,640円
本科2科目 10,800円
本科3科目 12,960円
e-トレ 0円

※e-トレのみの受講はできません

システム維持費(月額)価格は全て税込

表示は月額。学期の始め(4月・9月・1月)に学期分を納めていただきます。

本科1科目 864円
本科2科目 1,080円
本科3科目 1,296円
e-トレシステム料 2,160円

※e-トレのみの受講はできません

年間教材費価格は全て税込

年額です。年度の途中に入塾した場合も同額が発生致します。

本科1科目 864円
本科2科目 1,080円
本科3科目 1,296円
塾模試代 2,160円

※塾模試は小6より実施

※塾模試は1回分のテスト分析費用です。年3回実施します

入塾時の学力テストは実施しません

直近の学校テストの結果をお知らせ下さい。本人のやる気があれば入塾できます。 年に3回、全国模試を受験していただきます。その結果で受講クラスと席次が決まります。

PAGE TOP

メールでのお問い合わせはこちら

高校入試を共に闘おう!上野塾の中学生コース

  • 中学1~3年生
  • 英語・数学コースと 5科目コースで お選びいただけます
  • 英・数 (各90分×週1回) 国語・理科・社会 (各60分×週1回)

中学生講座一覧

指導形態 対象学年 講座名 講座内容 1講座の時間
クラス指導 中1
中2
中3
英語
  • 学校授業より少し先を進む教科書指導
  • 英文法指導

英・数
90分/週1回

理・社・国
60分/週1回

e-トレ
90分/週1回

数学
  • 学校授業より少し先を進む教科書指導
  • 単元教科演習トレーニング
理社国
  • 学校授業より少し先を進む教科書指導
  • 定期試験前には過去問にて中学校別対策を実施
e-トレ
  • 生徒個々の弱点に絞ったピンポイント対応の単元トレーニング演習

e-トレとは

生徒ひとりひとりの理解度に合わせて効果的に学力をつける演習システム

上野塾では、授業を受けたお子さんひとりひとりの理解度を講師がしっかりと把握し、目的やレベルに合わせ効果的に学力定着を目指す演習システム「e-トレ」を導入しています。基礎を徹底的に繰り返すことが必要なお子さんや、応用力を強化したいお子さんなど理解度とニーズは様々。e-トレは、言わば「個々を見る演習」。個人の理解度や弱点を分析するシステムであると同時に、10~15分でできるボリュームの演習を繰り返すことで集中力を養います。また、解いた演習の数だけ達成感があり、理解力アップとともに学習への自信と意欲向上につながっていきます。

授業料一覧

ご兄弟・ご姉妹の入塾、母子家庭の場合 入塾金全額免除

兄弟姉妹同時在籍の場合 毎月の授業料半額 本科在籍下級学年のお子さん

入塾金価格は全て税込

入塾金 10,800円

授業料(月額)価格は全て税込

英語・数学 15,120円
理・社・国 15,120円
5教科(24時間/月) 19,440円
e-トレ 0円

※e-トレのみの受講はできません

システム維持費(月額)価格は全て税込

表示は月額。学期の始め(4月・9月・1月)に学期分を納めていただきます。

英語・数学 1,620円
理・社・国 1,620円
5教科(24時間/月) 2,700円
e-トレシステム料 2,160円

※e-トレのみの受講はできません

年間教材費価格は全て税込

年額です。年度の途中に入塾した場合も同額が発生致します。

英語テキスト 3,780円
数学テキスト 3,780円
国語テキスト 3,240円
理科テキスト 3,240円
社会テキスト 3,240円
塾模試代 3,024円
中3入試手引 5,400円

※塾模試は1回分のテスト分析費用です。年3回実施します

PAGE TOP

メールでのお問い合わせはこちら

弱点を徹底克服!上野塾の個別指導コース

  • 中学生・高校生
  • 月4回or月8回
  • 生徒3名までの 少人数指導

個別指導講座一覧

指導形態 対象学年 講座名 講座内容 1講座の時間
個別指導 中学生
(全学年)
個別指導
講座
  • 指導教科は英数中心
  • 先生1名に生徒3名までの少人数指導
90分/週1回
高校生
(全学年)

授業料一覧

ご兄弟・ご姉妹の入塾、母子家庭の場合 入塾金全額免除

兄弟姉妹同時在籍の場合 毎月の授業料半額 本科在籍下級学年のお子さん

入塾金価格は全て税込

入塾金 10,800円

授業料(月額)価格は全て税込

月4回指導

中学生

10,800円

中学生(本科併願受験生)

8,640円

高校生

17,280円

月8回指導

中学生

21,600円

中学生(本科併願受験生)

17,280円

高校生

34,560円

システム維持費(月額)価格は全て税込

表示は月額。学期の始め(4月・9月・1月)に学期分を納めていただきます。

月4回指導 2,160円
月8回指導 2,700円

※本科と個別を併願する場合、システム維持費は本科5教科金額を適用中学生本科コースはこちら

PAGE TOP

メールでのお問い合わせはこちら

じっくり、ゆっくり1歩1歩進みたいお子さんに適した個別指導

  • 中学1~3年生
  • 英語または数学 (前学年の復習も可)
  • 生徒4名までの 少人数指導

まなび家個別講座一覧 【開催教室:西郷校・関校】

指導形態 対象学年 講座名 講座内容 1講座の時間
個別指導 中学1~3年生 まなび家
個別
  • 指導教科は英数 先生1名に生徒4名まで。
  • 先生1名に生徒4名まで。個々の習熟に合わせた指導・宿題・テスト(前学年の復習も可能)
60分/週1回

授業料一覧

ご兄弟・ご姉妹の入塾、母子家庭の場合 入塾金全額免除

兄弟姉妹同時在籍の場合 毎月の授業料半額 本科在籍下級学年のお子さん

入塾金価格は全て税込

入塾金 10,800円

授業料(月額)価格は全て税込

週1回指導 8,640円
週2回指導 17,280円

システム維持費(月額)価格は全て税込

月4回指導 2,160円
月8回指導 2,700円

まなび家個別の無料体験は2回までとなります

PAGE TOP

メールでのお問い合わせはこちら

夏期講習・冬期講習・受験対策・定期試験や検定対策も!季節講習

  • 小学生 中学生 高校生
  • 夏期講習・冬期講習 高校受験対策講座 定期試験対策講座
  • 目的・目標を 明確にした 短期講座を開設

季節講習一覧

指導形態 対象学年 期間 講座内容
夏期講習 小学生
中学生
高校生
夏休み 各学年ごとに目的・目標を明確にした講座を展開いたします。特に中3生は受験対策に本腰を入れ始める時期です。
冬期講習 小学生
中学生
高校生
冬休み 各学年個別の到達目標にて講座を展開します。
受験目前の学年の講習は、正月特訓を開設。
高校受験講座 中3生 4月~7月 基礎学力練成(中1・中2履修範囲の5教科復習講座)
9月~12月 実践力練成(中3、1学期からの履修範囲の5教科復習講座)
1月~3月 入試問題演習(私立対策、公立対策)
定期試験対策講座 中学生 定期試験毎に開講 期末試験前には集中学習を実施します。 本科授業の学習成果を期末試験の結果へと導きます。
検定対策講座 検定受験生 検定毎に開講 当塾は英語検定、漢字検定の準会場として登録されています。
検定前には対策講座、補講を無料で行います。

授業料一覧

ご兄弟・ご姉妹の入塾、母子家庭の場合 入塾金全額免除

兄弟姉妹同時在籍の場合 毎月の授業料半額 本科在籍下級学年のお子さん

入塾金価格は全て税込

入塾金 10,800円

授業料(月額)価格は全て税込

英語・数学 15,120円
理・社・国 15,120円
5教科(18時間/月)※本校・関校の中1・中2 17,280円
5教科(24時間/月) 19,440円
e-トレ 0円
本科サポート 1,080円

※e-トレのみの受講はできません

※本科サポートは教師側提案のみとします

システム維持費(月額)価格は全て税込

表示は月額。学期の始め(4月・9月・1月)に学期分を納めていただきます。

英語・数学 1,620円
理・社・国 1,620円
5教科(18時間/月) 2,367円
5教科(24時間/月) 2,700円
e-トレシステム料 2,160円

※e-トレのみの受講はできません

年間教材費価格は全て税込

年額です。年度の途中に入塾した場合も同額が発生致します。

英語テキスト 3,780円
数学テキスト 3,780円
国語テキスト 3,240円
理科テキスト 3,240円
社会テキスト 3,240円
塾模試代 3,024円
中3入試手引 5,400円

※塾模試は1回分のテスト分析費用です。年3回実施します

PAGE TOP

メールでのお問い合わせはこちら

上野塾の教科別学習要項

英語

詳しく見る

[英語科主幹]上野 義行

教科書改訂に伴い、中学履修単語数が900語から1200語に増量。現行の「聞くこと・話すこと」に「読むこと」「書くこと」が追加され、4技能習得が明文化されました。また岐阜県内で教科書採択が学区単位で異なり、岐阜学区は三省堂の「ニュークラウン」、美濃学区は東京書籍の「ニューホライズン」。つまり芥見校ではホライズンとクラウンの2種類の教科書指導が必要になります。ページ数もニュークラウンなどは50ページ程度増量されています。

発展的文法事項として、以下の高校分野が移行してきます。
助動詞+受動態(三省堂) enough to(東京書籍、三省堂)
too-to~(三省堂) so-that~(三省堂)
get-to[使役](東京書籍) if[~かどうか](東京書籍、三省堂)
what[関係代名詞](東京書籍、三省堂)
The+比較級~、the+比較級-.(三省堂)
強調構文It was・・・that~.(三省堂)
この発展的文法事項は、上野塾開塾以来、高校進学を想定して中3授業内で指導しておりましたので、塾の英語内容レベルが大きく変わることはありません。従来通りの指導内容で進めて行きます。
学校授業時間数が35回増えることで習得確認の演習時間が不足することが予想されますが、これは上野塾の新規導入「e-トレ」で補填させていただきます。
また教科書の2本化もカリキュラム通り、教科書指導の前に学力別文法指導を行った後に、学区使用教科書クラス(クラウンクラス・ホライズンクラス)に分けて指導させていただきます。
学年によっては2学期習得文法を1学期に前倒しすることも出てきますが、本来教科書で学習する時には再度復習を行いますのでご安心ください。
上野塾の英語は今後も現行レベルに合わせることなく、高校進学後のことを常に想定して大切なお子様を牽引致します。安心してお任せください。

数学

詳しく見る

[数学科主幹]黒田 みどり

●教科書の変更内容
(1)ページ数が増えました。
中1 現行の207ページが、323ページに増加
中2 現行の207ページが、263ページに増加
中3 現行の211ページが、323ページに増加
(2)履修内容の変更、高校数学からの移行や、新規内容が加わりました。
(3)演習量が増えました。
(4)難易度の高い問題も収録されています。
(5)活用型の学習を意識したページが設けられています。

新教科書では、基本的な「知識」及び「技能」を習得させることは勿論ですが、これを活用し、課題を解決するために必要となる「思考力」「判断力」「表現力」を育成し、主体的に学習に取り組む「数学的活動」「活用力」が重視される内容となっています。そのため、演習量の増加に加え、難易度の高い問題も加わります。単に答えを求めるだけではなく、「考え方を問う」「間違えを見つける」「問題を作る」等の自発的な解答力も必要になります。

●よって、数学指導は、こう行っています
基本的な「知識」「技能」を、しっかりと「思考力」「判断力」「表現力」に連動させ、確かな「活用力」につなげる指導をしています。この一連動の中で、「e-トレ」による演習を効率良く入れています。e-トレでは、個々に違う計算スピードやつまずきにスムーズな対応が可能です。

土台は頑丈に・・・「知識」「技能」の伝授は、授業で行います。
組み立ては図面通りに・・・「計算技能」の習得は、e-トレで反復練習をします。
仕上げは的確、丁寧に・・・「思考力」「判断力」「表現力」と「活用力」は授業で伸ばします。

一番力を入れたい指導は、計算等の「基本力」を、「思考力」や「活用力」につなげる事です。「分かる」から「できる」の過程で、「考える力」をしっかりつけていきたい、そのための『授業充実』プラス『e-トレ演習による基本力増強』を図っています。
ご承知の通り、数学は小学算数から、中学、そして高校数学へとつながりのある科目です。
小学5年生までに、しっかりとした計算力をつけ、そして、中学0年生である小学6年生では、計算力に加え、「活用力」を高める指導を行っていきます。さらに、中学生には高校受験に向けて、継続性のある数学指導を致します。大切なお子様の先を見た数学指導を行っています。精一杯指導させて頂いています。。よろしくお願い致します。

理科

詳しく見る

[理科主幹]西国原 克也

教科書改訂に伴い、従来の4分冊から学年の括りである3分冊に変更されました。
授業時間数も約30%増加。興味・関心・疑問を持たせ、実験観察や結果を通じて考察(思考力・判断力・表現力など)させ、考えをまとめ理由を明らかにすることを目標としています。実社会・実生活との関連性を重視していることもポイントとなります。
知識偏重型から活用型への変化に対応していく必要があります。結果から自分の考えを導き出し、表現する問題の増加が予想されます。
高校理科において3科目が必修化(物理基礎・化学基礎・生物基礎・地学基礎より3科、従来は2科でも可)になるため、高校の理科学習の負担が増します。そのため中学理科における学習が高校理科にも繋がっていくこととなります。先を見越した学習が求められるわけです。下記の表は教科書ページ数を表記したものです。合計で219ページが増量されています。

増加した単元の一例
中1:力とばね、水圧、浮力、質量パーセント濃度
中2:電力量、熱量、直流と交流、無セキツイ動物、進化、日本の天気
中3:力の合成と分解、仕事、イオン、原子構造、遺伝の規則性、月、日食と月食
教科書ページの増加と学校授業時間数の増加を考えると、内容理解に時間をかけることだけでは不十分といえます。その分の問題演習は新規導入「e-トレ」にて行っています。従来の教科書と異なり、教科書自体が1つの参考書のような役割を果たしますので、授業内でも教科書を積極的に活用しながら、求められている新しい力の向上のために精一杯努めております。安心してお任せください。

社会

詳しく見る

[社会科主幹]亀山 英典

教科書改訂に伴い、学習内容にも変化が見られます。地理では、世界数カ国および日本数県に絞った学習でしたが、世界も日本も地域別・地方別にすべてを学習していく形になっています。歴史では、これまで日本史重視でしたが世界史も多く扱われるようになります。近現代史も現行96ページから121ページと増加しています。
歴史史料も300点ほど増えています。史料集がほぼ必要なくなり、教科書だけでの学習が格段としやすくなりました。より教科書の意義が強まることでしょう。公民では、グローバル化・情報化・文化などが大きく扱われるようになり、最新の社会情勢への対応も行われています。幅広い知識だけでは対応しづらく、地理・歴史・公民の垣根を越えた学習が必要です。また、時事問題にも強くなっておく必要があります。新聞などの社会情勢に興味をもって接していくことが大切です。

【復活する用語や変更された語句の一例】
OPEC、名誉革命、パンパなど
最古の人類の変更:アウストラロピテクス→サヘラントロプス・チャデンシス(トゥーマイ猿人)
慶安の御触書き→百姓の生活心得 など
今まで以上に教科書の活用が必要です。地理や歴史では地図の活用も視野に入れながら、塾生さんの理解度の向上をはかっています。特に中3生では、学校では大幅に時間数が増加し、歴史の残りと公民の学習となりますが、上野塾独自のカリキュラムに沿って、しっかりと塾生さんを牽引致します。精一杯努めております。宜しくお願い致します。

国語

詳しく見る

[国語科主幹]渡辺 ちひろ

教科書改訂に伴い、大きなテーマは「言語力」の強化となっています。主に以下の点が変化しています。

(1)文法事項の前倒し・・・「単語の分類」は中2から中1へ、「助詞・助動詞のはたらき」が中3から中2へ、敬語の学習についても中3から中1へ移行。
(2)効果的な「漢字」の習得・・・常用漢字196字増加に対応し、各学年の教科書巻末で扱い、「漢字の練習」というページを設けてフォロー。
(3)古典の強化・・・従来のような訳読や浅い鑑賞に終わらず、読んで考える単元へと深化。
(4)実生活に即した「言葉」の理解と使い方・・・新聞記事、インターネット、手紙、レポートの書き方などを旧版よりさらに踏み込んで学習。この部分の単元増加に伴い教科書ページ数が増加。具体的には中1:318(270)、中2:320(270)、中3:302(270)
※( )内は旧版のページ数。

言語力の強化に対応するために、従来の「努力の結果(小テスト)」を動機づけとした各自の家庭学習の促進は当然のことですが、学習内容の増加に伴う演習時間の不足が生じないよう、「e-トレ」で教科書に完全準拠したドリル学習にて補填させていただきます。
国語は、学校テストでの得点力と、初見の文章読解問題に対応できる実力面とでは学習の仕方が多少異なります。学校テストに関しては、事前に該当単元の演習を準拠教材や「e-トレ」を活用して「量」をこなすことである程度得点できます。実力面の向上はそういった個人演習に加え、授業形式で「考える筋道」を学ぶことを重視したカリキュラムを組んで対応しています。全ての教科の土台となる国語を単に学校テストへの対応力に終わらないよう指導にあたっております。

よくあるご質問

塾選びに迷っている親御さんや入塾を考えている方から、よく頂くご質問にお応えします!

兄弟(姉妹)で入塾を考えております。特典などありますか?

詳しく見る

はい、あります。ご兄弟(姉妹)でのお申し込みや母子家庭の場合は入学金は全額免除させて頂いております。また、塾生の紹介の場合は、入学金を半額免除しております。又、兄弟姉妹、本科同時在籍の場合は、下級学年のお子さんの毎月の授業料を半額にさせていただきます。

無料体験を検討していますが、無料体験の後は必ず入塾しないといけませんか?

詳しく見る

そういったことはございません。塾は親御さんからの信頼や生徒さんが安心して通えるという環境が一番と考えております。「ウチには合わない」と思われた際は遠慮なく断っていただいて結構です。体験を通して上野塾にご興味頂けたら、ご安心してお申し込みください。

お申込・お問い合わせはこちらから

宿題、小テストはありますか?

詳しく見る

はい、あります。小学生でも中学生でも、指導内容の確認演習と次回授業の準備は成績向上に不可欠です。毎回の授業開始時には、小テストがあり、100点満点中90点以上が合格です。不合格の場合は残って再試験があります。宿題・小テストの学習は目安として1教科1時間程度の家庭学習が必要です。また、小テストで満点を取ると、満点カードに判子が押され、カードが一杯になると学用品を中心とした「お楽しみグッズ」が貰えます。

授業は楽しいですか?厳しいですか?

詳しく見る

塾是の「本気の授業を楽しむ」が示すように、単元の根幹になるようなところは全員が理解できるまでじっくり丁寧に指導します。集中しなければならない時はその雰囲気を創ります。楽しく学ばせることも忘れません。授業を進めるなかで『教師と生徒の約束をお互いが守る』=『宿題を行い、小テストで合格する』これが守れない時は叱責も出ます。授業はすべて教師と生徒の師弟関係の上に成り立っています。

保護者会はありますか?高校進学相談会は?

詳しく見る

これは塾の大切な使命です。学習相談は随時行っています。定例保護者会は7月、11月に個別保護者会、1月に一斉保護者会を開催します。高校進学相談会は7月・10月・12月に個別で実施します。最新の受験情報と今までの塾生累積データを基に正確な情報提供を行い、今後の目標を明確に指示します。安心してお任せください。

子どもの様子はどのように知らせていただけるのですか?

詳しく見る

毎月初めに「上野塾通信」を配布いたします。当月&次月の予定、検定合格者や期末テスト成績優秀者表彰、定期試験クラス得点分析等をお知らせいたします。また、当月のお子さんの授業での様子や小テストの結果の取り組みの様子を塾長の上野が直筆で全員にお手紙を書かせていただいております。又、年3回、塾から「教師の波動」という通知表をお渡しします。塾での取り組みや努力している点、改善点などを担当教師が綴ります。保護者様からのコメントもいただくことで、ひとり一人のお子さんの家庭学習状況や保護者様のご要望、お考えをしっかり受け止めさせていただいております。また、インターネット上で毎日の塾での様子を日記形式で教師陣が綴っております。こちらも是非覗いて見て下さい。

ブログページははこちらから

塾での模擬試験はあるのですか?

詳しく見る

はい、あります。3月の進級試験、7月の1学期模試、12月の2学期模試と年3回実施します。受験者規模は学年で違いはありますが、平均5,000人が受験する全国レベル模試です。学校内の偏差値、順位も大切ですが、全国レベルでの位置付けや分析も今後の学習の方向性を明確にしてくれます。この資料に基づいて保護者会ではより具体的なアドバイスをさせていただきます。精神論だけの抽象的な内容の薄い保護者会はお互い時間の無駄です。

英語検定・漢字検定は受検できるのですか?

詳しく見る

はい、できます。当塾は準会場として登録されています。検定前には英検対策、漢検対策を実施します。英検2次試験の面接特訓も受検者の自信が持てるようになるまで何回も実施します。検定対策の費用は無料です。合格者は教室内の検定プレートに名前が掲げられます。

学費支援

宿題・小テスト 確認Blog

塾長ブログ「虹の架け橋」

上野塾 Facebook

Back to PageTop