今日の小6英語は2学期最後の授業。9月から始めた教科書英語も一般動詞の肯定文、疑問文、否定文まで進んだ。小6は以前にも私の考えを述べたが、何度も繰り返す「縫い物半返し指導」が不可欠になる。努力の結果で一発できっちり正確に答えが書けるものもいるが、大半は以下のようなミスを連発する。

「do」を「bo」と書いたり、「play」を「pley」、「are」を「aer」と・・・毎年のことであるが本当に子供たちの苦労が良く現れている。ひとつの単語を覚えて次の単語の練習をすると前の単語を忘れてしまう。そんな繰り返しで単語習得の難しさを痛感する。これは誰しも経験すること。

そこで今日は単語の覚え方を教えた。
ノートの最終ページは単語練習専用として、目を瞑って腕が覚えるまで書けるようになれば本物であることを実際の見本を見せながら伝えた。子供たちは単語を見ながら何度も練習するが、これでは何回書いても覚えれないことは多くの子供が体感している。

何度も書いて、腕が覚えるまで書くってことは大変なことかもしれないが、これはテレビを見ていても、風呂に入っていてもできること。「さぁ、覚えるぞ」と言う時間も大切だが、英単語が生活の中に自然に入り込んでいけば習得速度はどんどん増す。

25日からの冬期講習では、再度半返し縫い指導に入る。今回初めて英語を勉強する冬期講習の生徒さんもいる。手続きの時に、「焦らなくてもいい。ゆっくりやっていけばいい。先生の言ったことだけをできるようにしてきてごらん。」と話をする。

英語は子供によって習得環境が異なるなかでどこまでできたら良いかが子供も親御さんも不安になる。それを「これができるようになればいいんだ」と目標地点を指し示してやることが小学英語の大切なところだ。


───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───
岐阜で小学生・中学生の学習習慣づくり・定期テスト対策・進学塾・受験対策は【 上野塾 】
1ヶ月(最大8回)無料授業体験実施中!
地域子ども学習支援「小学3~5年生」授業料1,000円!
【ホームページ】http://www.uenojuku.jp

■塾運営本部/西郷校
〒501-1177 岐阜県岐阜市中西郷3丁目79 
→地図はこちら
電話:058-234-5856

■本校 
〒501-2122 岐阜県山県市藤倉422番地
→地図はこちら
電話:0581-36-3533

■芥見校
〒501-3132 岐阜県岐阜市芥見長山2-4-1-3F
→地図はこちら
電話:058-243-3250

■関校
〒501-3941 岐阜県関市小屋名1020-2
→地図はこちら
電話:0575-46-9791
───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───