Pocket

この指導案は「もとに戻る」ということだ。このゆとりっ子世代に終止符が打たれる。わが子はまさにこのゆとりっ子世代である。算数のドリルには「計算機マーク」、数学の教科書には解の公式もない、理科の教科書にはイオンもない、英語の教科書には関係代名詞の所有格も目的格もない、現在完了には結果用法もない・・削られ削られの教科書で学んだゆとりっ子世代のわが子たち。勝手に天井を決められ、伸びようとする芽を摘んでしまっていたようなこの「ゆとり教育」。
また学校現場は「総合的な学習」を真摯に全うしようと努力した学校の様子が新聞に取り上げられている。これもこの指導案でまた右や左に振られることになる。私がこの学校現場にいたらやりきれない思いが沸々と出てくるだろう。
塾屋の私は現況の指導要領に留まることなく、教室現場では「関係代名詞thatの特別用法、話法転換、5文型、等位・従位接続詞など」我々が学んだ英語レベルまで塾生には伝えてきた。これは高校英語の必要条件と判断して行ってきたことだ。これは天井を決められることなく伝えられた在野の教育実践の場の賜物かもしれない。
この指導案の方向性は私の望む姿であるが、この間の子ども達の天井をスポイルされた時間が返ってこないのが口惜しい。それが総合的学習の「生きる力」で代替されたと言うならば、本当にこのゆとりっ子世代の子どもに真の「生きる力」が備わったのか・・・私は首を縦には振れない。まだまだ生きていく「知的体力」が欠如している。
方向性が決まったのならば、できるだけ早く動き始めて欲しい。小学校の2011年、中学校の2012年実施では遅すぎはしないか・・・。

Pocket

───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───
岐阜で小学生・中学生の学習習慣づくり・定期テスト対策・進学塾・受験対策は【 上野塾 】
無料体験実施中
【ホームページ】http://www.uenojuku.jp

■塾運営本部/西郷校
〒501-1177 岐阜県岐阜市中西郷3丁目79 
→地図はこちら
電話:058-234-5856

■本校 
〒501-2122 岐阜県山県市藤倉422番地
→地図はこちら
電話:0581-36-3533
───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───