~夏期算数道場、1日目~

25日、夏期算数道場を関校で行った。
算数好き、8名が関校に集まった。

算数の「心・技・体」を磨く道場である。
文章読解、算数チャレンジを行った。
(パズルチャレンジは時間の都合で、本日はできなかった。)

諦めずに、考え切る事、
答より考える過程を大事にする事、
頑張った事やできた事の一つひとつを自信にしていく事、
この3つを、道場では大切にしたいと話した。

文章読解は、お金を食べるゼニゴンの問題。
線分図を書いて、比例の考え方で解いた。
8人のそれぞれの気付きを総合して、解き方を見つけた。

算数チャレンジでは、
「マンホールのフタは、なぜ丸いか?」を考えた。
マンホールのフタ、四角いフタもあるが、多くのフタは円形をしている。
なぜ、円形なのだろう。丸いのだろう。

フタが閉めやすいから?
転がして、運びやすいから?
角が欠けたりしないから?
角がない分、材料の節約になるから?
マンフォールに人が入りやすいから?

実際にマンホールのフタ模型(円形のフタと正方形のフタ)を
作って調べた。
何回もマンホールにフタをしながら考えていた道場生。
授業時間の制約もあり、答えを言おうと思ったその時、
R君が声を上げた!
「あっ!フタが落ちる!!」
そうです、正方形のマンホールのフタ、
下に落ちてしまいましたよね。

円の直径はどこも同じであるけれども、
正方形は、1辺の長さより、対角線の長さの方が長い。
だから、正方形のフタは下に落ちてしまうのです。

子ども達の考える力は素晴らしい。
R君の観察力、すごいよ。

「あっそうか!!」
という発見が、算数好きな子を育てていきます。
「あっそうか!!」
という思考が、集中力を育てます。

 


───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───
岐阜で小学生・中学生の学習習慣づくり・定期テスト対策・進学塾・受験対策は【 上野塾 】
1ヶ月(最大8回)無料授業体験実施中!
地域子ども学習支援「小学3~5年生」授業料1,000円!
【ホームページ】http://www.uenojuku.jp

■塾運営本部/西郷校
〒501-1177 岐阜県岐阜市中西郷3丁目79 
→地図はこちら
電話:058-234-5856

■本校 
〒501-2122 岐阜県山県市藤倉422番地
→地図はこちら
電話:0581-36-3533

■芥見校
〒501-3132 岐阜県岐阜市芥見長山2-4-1-3F
→地図はこちら
電話:058-243-3250

■関校
〒501-3941 岐阜県関市小屋名1020-2
→地図はこちら
電話:0575-46-9791
───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───