~どうする?~

塾日記200回目、
『どうする?』
「何を書く?」と考えてはみたが、
今日、今思っている事を、
活字にしようと思った。

 

期末結果が出てきた。
その結果を受けて、子ども達にも色々な思いがあるようだ。

5科で180点ほど得点が上がった子、
100点満点が取れた子、
自己最高得点を更新した子等、
しっかりと結果に結びついた子が多くいる反面、
思うように得点できなかった子もいる。
始めての中学のテストで、失敗してしまった子がいる。

グンと得点アップした子は良い。
よく頑張ったよ。立派だ。
だけども、
得点が伸びなかった子、
目標点に届かなかった子が気になっている。

勉強が嫌になり、
勉強しても仕方ないと、
自分に自信を失くす。

子ども達は、
彼らの精一杯の判断力、分析力で、
自分の得点を見て、
今どうしたいかという単なる要求で、
「勉強は嫌だ」「やりたくない」という結論が出てくる。

期末が終わった今、
子ども達の
「嫌だ」「やりたくない」の言葉を前に、
その「壁」を乗り越えさせるための手段を考える。

「嫌だサイン」は、「危機」ではない。
次に向かう「チャンス」である。
1つの大きな壁を乗り越えさせるチャンスである。
教師として、大人として、
この壁をどう乗り越えさせるかを考えて1週間が過ぎた。

自分の力で「壁」を乗り越える事ができる子もいる。
しかし、
手を貸さないと、乗り越えられない子もいる。

励ますのか、
壁の前に踏み台を置いてやるのか、
抱きかかえて壁を突破させてやるのか。
壁の爆破か・・・?
『どうする?』
そんな事を考え、
懇談、勉強アドバイス、やり直し会、夏休みの提案・・・を練った。

子ども達それぞれの前にある「壁」、
その壁をいかに乗り越えるかを一緒に考え、
子ども達が前に進める提案をしたいと思う。

昨日、関校で、
夏の極合宿の選抜者選定の課題を配布した。

この課題も「壁」である。
どう乗り越えていくか、子ども達の成長を見守っていきたい。
乗り越えた先に、「新しい自分」が発見できると確信している。

※画像は、関校での極課題配布の様子

 


───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───
岐阜で小学生・中学生の学習習慣づくり・定期テスト対策・進学塾・受験対策は【 上野塾 】
1ヶ月(最大8回)無料授業体験実施中!
地域子ども学習支援「小学3~5年生」授業料1,000円!
【ホームページ】http://www.uenojuku.jp

■塾運営本部/西郷校
〒501-1177 岐阜県岐阜市中西郷3丁目79 
→地図はこちら
電話:058-234-5856

■本校 
〒501-2122 岐阜県山県市藤倉422番地
→地図はこちら
電話:0581-36-3533

■芥見校
〒501-3132 岐阜県岐阜市芥見長山2-4-1-3F
→地図はこちら
電話:058-243-3250

■関校
〒501-3941 岐阜県関市小屋名1020-2
→地図はこちら
電話:0575-46-9791
───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───