Pocket

~ネイチャーサイエンスキャンプを終えて~

8/17日より始まったネイチャーサイエンスキャンプ(極合宿と合同イベント)、ただ今上野塾生全員の見送りを完了しました(向上館は、まだ移動中のため安心はできませんが)。
今年はキャンプの実行責任者としての参加となりました。
事前には志道館美川塾長、ほしの家スタッフの方々との綿密な打ち合わせを進め、また私も何度もシュミレートする中で準備を進めてきました。どれだけ準備をしても消えることのない不安。そんな中での当日となりました。
まず、全員がすべてのキャンプ企画に参加することができ、全員が最後まで参加することができたこと、これは何よりのことです。
これを達成できたのは、美川塾長、向上館熊谷先生、当日に私を支えていただいた美川先生、向上館安藤先生、学生スタッフ小國君、白木さん、ほしの家、学習館のスタッフをはじめ、数多くの皆様方の支えのおかげであります。私1人の力では到底達成できるものではありません。誠にありがとうございました。
そして、この達成に必要不可欠なものがあります。
それは子供たちの動き。
この3日間で子供たちの成長を心から感じることができました。
自然と年長者がグループをまとめ、整列指示、スタッフからの指示の徹底を、だれが決めたわけでもなく自然と行う、年少者は指示をしっかり聞き行動するというまとまりができたこと。ばらばらだったピースが強いきずなで結ばれていった。これによって私の指示は最終的には集合時間と集合場所、集合方法という必要最低限の指示で済ますことができた。これは非常に素晴らしいこと。私も大きく助けられた。

そして、今回の責任者として意識したことは、子どもたちが明るく、元気に、前向きに企画に参加することで、輝かしい夏の思い出となるようにすることとともに、キャンプの中で今後の行動や考え方に活かすことのできることの伝達。楽しいだけで終わることなく、学ぶこともできるようなキャンプに、その声かけや話を行っていった。
①地道な作業を継続することができる力、素晴らしいものや結果にはそれが隠されていること。(マイ箸づくりの紙やすり作業から)
②集団の力は個々の力を2倍にも3倍にもする可能性を秘めていること。{テキパキとした片付けから(何も言わなくても自分たちで考え片付けを進める姿、本当に感動しました)
③集団の中では自分で自分の行動に注意する、まわりが1人1人を支え、間違いの訂正や声かけ、助言を行う、これが成功のもとであること。
(親水体験、乱れているトイレのスリッパ、下駄箱に入れていない靴、ごみが落ちていることなどから)
このようなことはこれからの生活に活かしていけること。今の気持ちが冷めないうちに普段の生活の中で行動に移して欲しい。そして、それを継続していくこと。継続は習慣を作る、習慣は人格を作る。だから本当のキャンプの成功は、これからの生活次第かもしれない。私の子どもたち、これから頑張っていこう。

最後に・・・
責任者として大変なこともありましたが、このキャンプを心から楽しむことができました。それはみんなのおかげです。本当にありがとう!
みんなも保護者様に思い出日記を見せて、思い出を話してあげてください。保護者様は3日間家を離れていた、とても心配していたはずです。みんなが「こんなことをして楽しかった!」と話すことが保護者様への最大のプレゼントとなりますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───
岐阜で小学生・中学生の学習習慣づくり・定期テスト対策・進学塾・受験対策は【 上野塾 】
無料体験実施中
【ホームページ】http://www.uenojuku.jp

■塾運営本部/西郷校
〒501-1177 岐阜県岐阜市中西郷3丁目79 
→地図はこちら
電話:058-234-5856

■本校 
〒501-2122 岐阜県山県市藤倉422番地
→地図はこちら
電話:0581-36-3533

■関校
〒501-3941 岐阜県関市小屋名1020-2
→地図はこちら
電話:0575-46-9791

■高富校
〒501-2105 岐阜県山県市高富2141
→地図はこちら
電話:0581-32-9959
───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───