Pocket

4月中旬、塾屋の正月を迎える。
世間一般の1月の正月は、この業界にいる限り縁遠いものになっている。
受験生を送り出し、新入塾のお迎えをして、
新たなスタートを切るこの時期が一年で一番ホッとする時期でもある。
上野塾の場合は、1ヶ月の無料体験があるので、
在籍生確定する時期がこの4月末になる。
11月から受験生の応援と新規生の受付準備に入る。
動き始めて約半年の大きなプロジェクトを今、終えようとしている。
そして、新たなスタートラインに立って、徐々に加速していく。
今日から、中3受験講座と中2の特進講座が始まる。
中3受験講座42名受講。中2特進講座12名受講となった。
カリキュラム、教材、授業担当人事、バス運行人事の準備は、
用意周到で迎え入れる体制を完了している。

【昨日の教室現場】
昨日の授業で私は、小学生にカミナリを落とした。
玄関を入って来る時、扉を「ガン」と開き、挨拶もない。
「即行即止」「鉄は熱いうちに打て」である。
私はこんな話をした。
「教室に入る時は、気を引き締めて、一呼吸置いて入室しなさい。
ここは自分の家でもない、友達の家でもない。
ここは勉強の技を磨くための道場なんだ」と。

中3生の授業も気持ちを込めた。
昨日の授業で暑くもないのに鼻血を出した塾生が2名出た。
それだけ子どもたちも本気にやっている証拠だ。
授業開始時の小テストで合格できなかった者は躊躇せず残す。
親御さんには、お迎え時間を遅らせていただく連絡も漏れなく行う。
翌朝は野球クラブチームの練習があるから今日の居残りはできない。
来週早く来てやりますと言う塾生もいたが、今日のことは今日終わらせる旨を伝える。
親御さんも仕事の関係で居残りはさせられないので、
定時のお迎えにして欲しいとの連絡も入ったが、
私が責任を以って、お子さんをお送りすることを伝えた。
自分を取り巻くすべてのことに対して、
決して先延ばしにしてはいけないことを伝える。
それが子どもたちの心に自然と身に付けば、私は何も言わない。
言わなくても「自覚」が芽生える子どもたちへと育むのが私の使命だと思っている。

Pocket

───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───
岐阜で小学生・中学生の学習習慣づくり・定期テスト対策・進学塾・受験対策は【 上野塾 】
無料体験実施中
【ホームページ】http://www.uenojuku.jp

■塾運営本部/西郷校
〒501-1177 岐阜県岐阜市中西郷3丁目79 
→地図はこちら
電話:058-234-5856

■本校 
〒501-2122 岐阜県山県市藤倉422番地
→地図はこちら
電話:0581-36-3533

■関校
〒501-3941 岐阜県関市小屋名1020-2
→地図はこちら
電話:0575-46-9791

■高富校
〒501-2105 岐阜県山県市高富2141
→地図はこちら
電話:0581-32-9959
───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───