Pocket

十王堂催事の案内文より

恒例の十王堂催事は今年も昨年に準じまして執り行います。
私どもの故郷に延々と受け継がれてきたこの催事は、
固定した宗教の概念を排除した貴重な農村文化の一つとして捉え、
幼児からお年寄りまで世代を超えたふれあいの場所として
永々と守り続けたいと思っております。・・・以下略

————————————-

私の住む部落には十王堂の催事がある。
お経様には興味のない子どもたちは、
鐘がなると一目散に十王堂に駆け込んだ。
その鐘は
「もうそろそろお経様が終わります。
 子どもたちは集まりなさい~」という合図だった。

お菓子目当てであるので、お参りは簡単に手を合わせるだけ。
お菓子がもらえれば家に戻ってそのお菓子を独り占め。
今はそんなお菓子目当てで集まる子どももほとんどいない。
私が子どもの頃の方がパワーがあったな・・・。

当時はどこの家庭も決して裕福でなかった。
お菓子が買ってあるような家はなかった。
だからみんな十王堂のお菓子を楽しみにしていた。
今思えば、別の意味で幸せな時代だったのかもしれない。

今はこの「子どもたち集まれ!」の鐘は鳴らさない。
鳴らしても来ないのが今の十王同催事。

今年はそのお世話役をさせていただく年回りになった。
来週の日曜日が私の組の当番。
ちょっと鐘を鳴らしてみようかな。
鐘を聞いて集まってきた子どもには
3袋分のお菓子をあげたい気持ちだ。

とはいっても歴史ある祭事。
粗相のないようお膳の配置、お供えの品を確認してきた。
忘れるといけないのでしっかり写真に収めてきた。

しかしこの十王堂の閻魔様は
この歳になっても怖い。
子どもの頃はじっくり見ることができなかった。

Pocket

───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───
岐阜で小学生・中学生の学習習慣づくり・定期テスト対策・進学塾・受験対策は【 上野塾 】
無料体験実施中
【ホームページ】http://www.uenojuku.jp

■塾運営本部/西郷校
〒501-1177 岐阜県岐阜市中西郷3丁目79 
→地図はこちら
電話:058-234-5856

■本校 
〒501-2122 岐阜県山県市藤倉422番地
→地図はこちら
電話:0581-36-3533

■関校
〒501-3941 岐阜県関市小屋名1020-2
→地図はこちら
電話:0575-46-9791

■高富校
〒501-2105 岐阜県山県市高富2141
→地図はこちら
電話:0581-32-9959
───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───